スパイラルセラピーⓇで腸をケアしましょう

スパイラルセラピーⓇで腸をケアしましょう

スパイラルセラピーの腸のケアと胃腸を休ます食事のとり方

スパイラルセラピーの施術での腸のケアはスパイラルフォースをお腹に乗せて腸を振動させていきます。


冷えた腸が温まり、ポコポコ フツフツとお腹が活性してきます。

 

スパイラルセラピーの写真

スパイラルフォースで振動を与える事で、大腸も小腸も動きやすくなります。


腰回りが痩せやすくなったり、足の方まで振動が伝わるので足のだるさの改善などにも繋がります。

 

サロンでスパイラルフォースで整えた後にご自分で合わせてやってみて欲しい事があります。


それは16時間の空腹時間をつくる食べ方です。

 

作物の採れる事情もあると思いますが、平安時代は1日に2食 もっと昔は1日1食だったそうです。


今は朝ごはんを必ず食べる事が良いという思い込みもあり、1日3食たべてしまいがちです。

朝ごはんが悪いのではなく、消化しきれてないのに、また食べるのが悪いのです。

その結果

お肌もくすんでしまい、朝起きた時から身体が怠くてやる気が起きないのも咀嚼不足と消化不良からくる事が多いのです。

 

そこでおすすめなのが、
夕食を食べてから次のご飯まで16時間空けてから次のご飯を食べるオートファジーを働かせるやり方です。

 

オートファジーは(自食作用)とも言いますが、、簡単にいうと一度体内に空腹の時間を作り、体を飢餓状態にさせて細胞内の新陳代謝を活性さます。

 

人体の古くなった細胞を自ら新しく生まれ変わらせるのです。

 

これをオートファジー(自食作用)と呼びます。

 

だいたい空腹になって12時間後くらいから、このオートファジー機能が働きだすので、残り4時間で自食作用が始まり合わせて16時間くらい食事を空けると身体がリセットされやすくなります。

 

私は空腹にとても弱く、低血糖のような震えがきたりするのですが、夕ご飯を7時頃食べて翌日の11頃に朝と昼の両方を兼ねたご飯を食べるのは特に辛くありません。

 

その間液体は飲んで良いので、私は酵素ドリンクを飲む時もあります。

 

このように胃腸の消化を休ます事で、体の疲れも回復しやすくなります。

 

2週間 オートファジーを試したクライアントさんに聞いてみたところ

● 夜良く寝れるようになった
● 生理がちゃんと来る
● 頭が冴えて発想が沸く
● お肌がつやつやしてきた
● やせた!
● 仕事に注中できる
など、こんな声がありました

これだけ消化に使うエネルギーは大きく体を疲れやすくします。

断食などは敷居が高くて挑戦できない方もいるので、まずは16時間食事を空ける事をやってみてください。

より一層 スパイラルセラピーの施術をした時に変化を感じやすくなるかと思います。

clover

渋谷区千駄ヶ谷でスパイラルセラピーというゼロ磁場の磁石の施術器具を使って全身のボディトリートメントをしています。 サロンは2004年にオープンして現在までのべ1万回以上の施術をさせていただいています。

コメントを残す

CAPTCHA