ローズクォーツ

ローズクォーツ

パワーストーン ローズクォーツの説明です

ローズクォーツ

優しいピンクが特徴の「水晶」

数あるパワーストーンの中でも、女性から絶大な支持を得ているローズクォーツ。
その容姿は誰から見ても「かわいい」「美しい」と感じられる石ではないでしょうか。


ローズクォーツはクリスタル(水晶)の変種で、ピンク色になったものを指し、バラ石英(石英とは水晶のことを言います。)とも呼ばれます。


基本的には、不透明なものが多く、宝石用に加工されることはほとんどありません。
またローズクォーツ自体の産出量は世界的に見ると少なくありませんが、ほとんどはピンク色が薄く、大きなひび割れが入っているものが多いです。


ピンク色が濃く出ており、透明感の高いものは、大変希少で高価になっています。
このような高品質なローズクォーツはマダガスカルで産出されることが多く、「ディープローズクォーツ」として親しまれています。


ローズクォーツに伝わる意味

優しさを育む石

濃過ぎない、ほんのりとしたピンク色のローズクォーツ。
このローズクォーツは、ギリシャ神話における「愛と美を司る女神 アフロディーテ」の石と伝えられることから「愛を育む石」と呼ばれ、持ち主に「優しさ」「思いやり」を育んでくれると言われています。 

そしてローズクォーツは恋愛においても効果を発揮すると言われています。
それは「優しさ」「思いやり」のある人を嫌いな人はいないからです。

「相手を振り向かせるために、自分をもっと磨こう!」と思わせてくれる石なのかもしれませんね。

ローズクォーツの歴史・言い伝え

ローズクォーツの語源は「薔薇(ローズ)」に由来しています。


この石が、薔薇のように美しい色をしていることから「ローズクォーツ」と呼ばれるようになった。そして、ローズクォーツは石本来が持つこの美しいピンク色から、人々の恋愛に影響を与えるようです。「色彩」によって人の気分が影響されることはよく知られており、淡いピンク色は優しさや恋を連想させる色だと言われています。

この石に魅入られた人々が、ローズクォーツの「薔薇」の名と、「恋愛」にまつわるエピソードなどから、いつしかこの2つに関わりの深い「アフロディーテの石」と呼ぶようになったのではないでしょうか。

 

ローズクォーツは「優しさ」「思いやり」を育む石だと言われています。
恋人などへのプレゼントには、「優しい人になってね」と願ってみると良いかもしれませんね

石の名前 ローズクォーツ(Rose Quartz)
和 名 紅水晶(べにすいしょう)
主な産地 ブラジル、マダガスカルなど
運 気 縁結び恋愛成就

clover

渋谷区千駄ヶ谷でスパイラルセラピーというゼロ磁場の磁石の施術器具を使って全身のボディトリートメントをしています。 サロンは2004年にオープンして現在までのべ1万回以上の施術をさせていただいています。

コメントを残す

CAPTCHA